ホーム 

血栓症領域における医師主導研究プログラム(JRISTA ジェリスタ)は、抗凝固療法に関する研究において、日本の研究者による革新的な医学研究への研究費負担を目的として提案されたものです。

JRISTAのミッションは、アピキサバンなどの経口抗凝固療法が必要な患者の治療を改善するために、日本において承認されている用法・用量内の、アンメット・メディカル・ニーズまたは特に関心が高い領域における新規データの構築を奨励することにあります。

科学的および臨床研究に関する専門知識を有する外部独立評価委員会(IRC)が、標準化された審査プロセスに従ってコンセプトを科学的観点や安全性確保等について評価、採点し、研究費負担に関して審査を実施します。

公募期間は終了いたしました

PAGE TOP